本文へスキップ

養護教諭の教育実践の論文化を目指す新しい学術団体です

学会概要profile

日本養護実践学会は,養護教諭の実践に特化した研究を行う学術団体を目指して,2017年8月に設立されました。
詳しくは,下記の設立趣意書をご覧下さい。

 日本養護実践学会設立趣意書

我が国における「養護学」の学問的位置づけを確固たるものとし,学術の進展に寄与し社会に貢献していくために日本養護実践学会を設立するにあたり次のように表明します。

養護教諭は,昭和16年(1941年)教育職員としての身分が確立した我が国特有の職種です。そして,その歴史は80年を迎えようとしています。
養護教諭の職務は,学校教育法第37条によって,「児童の養護をつかさどる」と規定されているところですが,養護教諭の「養護」の意味内容については,現在も継続的に検討がなされています。

変化する日本社会において,養護教諭は,不易と流行を見極めつつ,児童生徒等の発育・発達を支援し,心身の健康の保持増進を図るため,保健管理,保健教育,健康相談,保健室経営,保健組織活動はもとよりあらゆる教育活動の中で,その力を発揮し,多様な実践を蓄積してきています。一方で,養護教諭の職務やその役割に関する研究は,関連学会において,理論と実践の双方で基礎的,応用的な研究がなされてきましたが,現状では,それらを統合した「養護学」の体系化には至っていないと思われます。
特に養護教諭の教育実践は,その職務の特質から個別性が高く一般化されにくいため,これまで十分に検証が重ねられてきたとは言い難い状況であり,「養護学」の確立のためには,その中心的な課題である「養護教諭の行う教育実践に関する研究」の充実が急務であると考えられます。
国内外の専門職者の養成教育の現状は,教員を始め専門職養成の高度化及び専門化がより顕著になってきました。そこで,我が国特有の職種である養護教諭の職務の根底に,養護教諭の「養護をつかさどる」という「教育の意志」が存在していることを,科学的検証により明確に示すことが必要になっています。

そこで,私たちは,養護教諭の行う教育実践すなわち「養護実践」を研究の中心に据え,養護教諭の実践(知)や経験(知)を言語化・体系化することで我が国における「養護学」の確立に寄与したいと考えています。
また,それによって子供たちが自立し,社会参加に必要な力を培うことができるようにするとともに,誰もが健やかに安心して暮らすことができる地域社会の構築に貢献するために日本養護実践学会を設立しようとするものです。

このような趣旨を理解のうえで,養護教諭及び養護教諭養成教育の関係者,その他関心のある方々の入会を呼びかけます。

2017年 8月 吉日

日本養護実践学会 設立発起人 (五十音順)
石田 敦子(東海学園大学), 上村 弘子(岡山大学大学院), 下村 淳子(愛知学院大学),
田嶋 八千代(元岡山大学大学院), 徳山 美智子(元大阪女子短期大学), 林 典子(東海学園大学),
古田 真司(愛知教育大学), 棟方 百熊(岡山大学大学院), 村松 常司(東海学園大学) 


組織・役員(2019.7.7〜)

役職 氏名 担当役割
理事長 村松 常司 理事長
副理事長 徳山 美智子 副理事長、広報・渉外委員会(委員長)
副理事長  古田 真司 副理事長、編集委員会(委員長) 
事務局長  下村 淳子  事務局長、総務委員会(副委員長) 
会計  石田 敦子  会計(責任者)、総務委員会 
理事 井澤 昌子 事務局(幹事)、総務委員会
理事  上村 弘子  編集委員会(副委員長)
理事  河田 史宝 編集委員会 
理事 菊池 美奈子  学術研究委員会 
理事  新開 美和子  編集委員会、広報・渉外委員会 
理事  高田 恵美子  学術研究委員会、広報・渉外委員会 
理事  高田 しずか 学術研究委員会 
理事  竹鼻 ゆかり  編集委員会
理事  田嶋 八千代  学術研究委員会(委員長)
理事  出川 久枝  事務局(会計担当)、総務委員会
理事  林  典子  総務委員会(委員長)、学術研究委員会(副委員長)
理事  原  郁水 編集委員会 
理事  棟方 百熊  広報・渉外委員会(副委員長) 
理事  松原 紀子 事務局(幹事)、総務委員会、編集委員会 
理事  森  慶恵 事務局(幹事)、総務委員会 
理事
(2020.7.5〜 )
八木 利津子 第4回学術集会学会長 

contents

日本養護実践学会・事務局

〒470-0192
愛知県日進市岩崎町阿良池12
愛知学院大学
心身科学部健康科学科
下村淳子研究室内

※事務局への連絡
(メールでお願いします)
  office■yjissen.jpn.org
(■を@に置換してご送信下さい)